華やかな家族婚にしたいならプランをじっくり立てよう

ウーマン

まずはゲストに報告

招待状

様々な種類がある

結婚式の打ち合わせをする段階で、割と早い段階で行う事が、結婚式の招待状を選び、招待したいゲストに送る事です。この際、式場で用意された種類の中から選ぶ事も出来ますし、自分たちで用意する事も可能です。強いこだわりがある場合や、価格などが市販の招待状の方が安い場合などは、自分たちで用意してみるのも良いと思います。素敵な物が数多くありますから、招待状を選ぶだけでも、迷う事もあるかもしれません。お二人に合った物が見つかるといいですね。招待状は直接会って渡せる相手には是非、直接渡しに行きましょう。もちろん住んでいる場所が遠い場合には郵送でも構いません。結婚式に出席してくれるか分からない相手であっても、二人の結婚を報告したい相手には是非、報告も兼ねて送りましょう。

自分たちで出来る作業

結婚式を挙げるのには、とてもお金がかかります。なので自分たちで出来る作業は、なるべく自分たちで行った方が、費用を節約出来ます。その浮いた予算で、ゲストへのサプライズを用意するのも良いでしょう。招待状の住所や宛名の記入を式場で頼む事が出来ますが、数万円はするので、時間があれば、自分たちで行いましょう。もちろん時間に余裕がない場合は、無理に自分たちで行う必要はありません。式場にお願いしましょう。宛名を自分たちで書く場合は失敗する事も考えて、招待状を少し余分に用意しておく事を推奨します。筆ペンで丁寧に書けば、ゲストにもその気持ちは伝わります。何枚も書かなくてはいけないので、筆ペンは書きやすい物を用意して下さいね。